読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

自由が丘のタイ料理やさん「クルン・サイアム×アティック×」にいったらうますぎた~今年のクリスマスはあえてのタイ料理で決まり!!~

雑記 グルメ

このまえ彼女にすすめられるままにランチで
自由が丘のタイ料理やさん「クルン・サイアム×アティック×」にいってきた。

自由が丘といえば、スイーツで有名な街だか、あえてタイ料理。

意外とよかったので、あえてクリスマスのこの季節にタイ料理をおすすめしたい。(笑)

あえてタイ料理の理由がなにかあるのだろうか。もしかするとなにかしらの深い洞察が。。。」

と思ったそこのあなた。

先にいっておくが、まったく理由とかはない。(笑)


しいていうのであれば、恋愛でもビジネスでも

世間一般と違うことをするのが基本

ということだ。

PUAは常に例外でなくてはならない


クリスマスが迫ったこの時期だからこそ、今一度肝に銘じておこう。

 





雑居ビルのフロアに構えてるこのお店。

f:id:it_warrior_onc:20151231194135j:plain


OPENの看板が店名にかぶっていて、早速やる気のなさが感じられる。

雑居ビルの一番うえにあるため、階段をあがる。

f:id:it_warrior_onc:20151231194228j:plain

 

幅はめちゃくちゃ狭い。なぜか変に期待が膨らむ。



店に入ると、席はカウンターだけのフロアが広がっている。



引用元:クルン・サイアム×アティック× - 自由が丘/タイ料理 [食べログ]




階段をあがると、ソファー席とテラス席のフロアがあるらしい。

夏は屋上のテラス席でビアガーデンもよさそう。
(なぜこの季節に紹介してしまったのだろうか笑)

総じて雰囲気がよくて、デートに使える。

店内を見渡すとやはり女性かカップルがほとんど。

そして、彼女に

「オンクくんなに女の子ばっかみてんの」

と釘をさされる。

なんとも清々しい休日のワンシーンといえよう。(笑)





カウンターにはエスニックな食器や本がたくさん置いてある。

待ってる間に置いてある本をみながら、タイの旅行ネタで軽く盛り上がる。


f:id:it_warrior_onc:20151231194319j:plain



まずは、生春巻。

やはり安定のおいしさ。

やはり、生春巻きはだいたいどこの店でもうまい。

f:id:it_warrior_onc:20151231194338j:plain

 


そして、メインディッシュ。

ソフトシェルクラブのカレー炒め?

これがおすすめらしい。

f:id:it_warrior_onc:20151231194457j:plain


写真だと卵につつまれてあまり伝わないが、

カニのチョキがむき出しになっている。

カニをチョキごと食べるなんぞまさに鬼畜の所業。

彼女はかわいい顔してこんなチョキをいつもむさぼっているのか。。。

相席屋にいったときの巨人子が一瞬頭をよぎる。
(詳細は「相席屋潜入レポート その1〜恵比寿編〜」を参照。)


そんなことを思いながら食べると。。。


f:id:it_warrior_onc:20151231195632j:plain




カニの味がするけど、食感は殻付きのエビみたいな感じ。

でも殻が口のなかに残るというわけでもなく、香ばしい。



フォーも頼んだがとてもおいしかった。

食べるのに夢中になって、写真撮り忘れたので食べログで紹介。


引用元:クルン・サイアム×アティック× - 自由が丘/タイ料理 [食べログ]


まわりの女性客の半分はフォー食べてた。

そして、カロリーも低そう(^^)/





タイ料理ならこの季節でも

『今日はクリスマスディナーのコースしかないんですよ~。15,000円~です。』

「たけえええええええええええええええええええええ!!

そして。。。いつものコースよりしょべええええええええええええ!! (゜ロ゜)ギョェ. 

となることもないはず。

ぜひクリスマスにあえてのタイ料理デート試してみてはいかがだろう。(笑)




 


調べてみると系列店がいろんなところにめちゃめちゃある。(笑)
(チェーン店を紹介してしまうところがグルマーとしてまだまだ修行が足りない。。。)